バイクのブレーキの効きが悪い

バイクのブレーキの効きが悪い場合は、危険なので専門店に相談するのが一番です。 私も以前ブレーキの効きが悪いのに放置しておいて、後で高い修理費を払うはめになりました。ここでは、ブレーキの効きが悪い考えられる原因をあげていきます。

まずブレーキパッドの消耗です。 ブレーキをかけた時に変な音がする場合は、ブレーキパッドの消耗の可能性が高いです。 そうなるとディスクを交換しなければいけない可能があります。

定期点検をしておけばパッドの交換だけで済みますが 最悪の場合、ディスクの交換となってしまい、 そうなると費用がかさむので中止しましょう。

そうなったらバイク売却も検討した方がいいでしょう。

次にブレーキを握ってもがっちり感がないという方は、 ブレーキラインに空気が混入しているケースが考えられます。

その場合は、ブレーキのエアーを抜きましょう。

 

Categories: バイク