Press "Enter" to skip to content

老犬チワワの最後

スムースチワワのコロを飼って16年と3ヶ月が経ちました。心臓の病気を持っていて2015年の2月に1回倒れ、医者からもう長くないと言われましたが。その後、薬も効いたのか少し元気になり、ヨロヨロながらあれから6ヶ月くらい経過しました。しかし、徐々に弱り、昨日からご飯を食べなくなってしまいました。今回は、もうダメかもしれないので記録を残しておこうと思いました。
2015年9月7日

3日くらい前から人間の一口分くらいしかご飯を食べなくなりました。自分で噛めないので少しでも塊があると全て口に入れて落とすので全部みじん切りにして与えていました。しかし、この日から何をやっても全く食べなくなりました。好物の食べ物を与えても全く食べません。ずっと観察してると水も自力では、飲めなくなりました。水が入った容器の前までは、行くのですが舌を出すこともなくそこで止まってしまいます。そこからは、スポイドで2時間おきくらいに水を飲ませるようにしました。

2015年9月8日

まだ歩けますが震えている感じでヨロヨロです。今日も何をやっても食べないのでスポイドでアクエリアスや水を飲ませたり、病院でもらった流動食を水で溶かしてスポイドで少し食べただけです。口から臭いがするようになり、水を与えてもその後、ネバネバしたヨダレのようなものが出てきてそれを拭きとってやるの繰り返しです。昨日と今日で水分以外は、スプーン1杯分くらいの流動食しか食べてません。明らかに弱っていてもうダメかもしれません。明日から出来るだけ横にいてやろうと思います。

 

2015年9月9日

今日もかなりきつそうでした。昨日までしてたおしっこも全然しなくなりました。いつもは、庭に連れて行けばすぐおしっこをしましたが今日は、何回か連れて行きましたがフラフラしながらグルグル回るだけでまったくしませんでした。流動食をスポイドで口にいれても飲み込んでくれません。変わった点は、20時位にいきなり「ワン!」と大きな声で吠えたことでした。元気がなくなってから1週間くらいまったく吠えたことがなく、寝ていて急に吠えたのでびっくりしました。何かいいたかったのかもしれません。もう目もうつろで本当にきつそうです。出来るだけ苦しまずに逝かせてやりたいです。
2015年9月10日

この日の明け方からまったく立てなくなり、寝たきり状態で母親が横で付き添って寝てました。私は、2階で寝てましたがで深夜の4時くらいまでワンワンと苦しそうな声が聞こえてきました。4時位に降りてみましたが動けない状態で目は、開いてましたが苦しそうでした。そしてお昼の12時45分に最後の時がきました。それまでもわんわんと定期的に鳴いてましたが少し眠った後、永眠しました。最後は、父親がそばにいた時で急に足が痙攣したようになり、伸ばした後、息を引き取ったそうです。父に呼ばれて2階から降りてきたら呼吸が止まったコロがいました。みんなで泣きました。1999年6月生まれなので16年3ヶ月の人生でした。かなり長い時間を一緒に過ごしましたし、色んな所に行きました。また私は、何度も助けられたことがあったのでつらい気持ちと感謝の気持でいっぱいでした。顔は、穏やかでいつもと同じように眠ってるだけのように見えました。しかし、体は、硬直して段々冷たくなっていました。おしっこもずっとしてませんでしたが最後にペットシートにしていました。死ぬ前に最後に排便するとネットで書いてあったのでその通りでした。その後、ペット葬儀に電話してコロを連れてみんなで行ってきました。今日は、コロがはいる棺桶を選んでドライアイスをいれて、家に連れて帰りました。大体1日家で一緒に過ごして次の日に焼くようです。金額も見積もってもらって3キロくらいのチワワで全部で30000円くらいでした。棺桶が3000円くらいと個別に焼いてもらって骨だけ返してもらうのに20000円くらい、ドライアイスが3000円くらい。あと棺桶に入れる花代が1000円くらい。その以外は、小さなネックレスの先に筒状のものがついていてそこに爪や歯を入れてお守り代わりに持っておくというのが1つ1700円でした。明日11時から葬儀の予定です。その後、家に帰ってコロの写真を整理したりゲージを片付けたりしました。コロがいないだけで家の空気が重く心に大きな穴が開いた感じです。

2015年9月11日
今日は、午前11時からペット葬儀屋さんでコロを火葬してもらいました。まず10分前くらいに到着し、棺桶からドライアイスを取り出し、コロの若いころの写真や花や手紙やコロが大好きだったもう一匹のパピヨンの毛を少し切らしてもらって入れました。火葬場に運んで最後のお別れをしました。お別れの時ににまた泣いてしまいました。そこから1時間くらいかかると言われたので他の人のペットを祀った部屋があったのでそこで他の人の亡くなったペットの写真を見て回りました。中には、7匹分の写真と骨壺などが置いてあり、7回もこんな辛い別れをした人もいるのかと驚きました。その後、待ってる間にカードで支払いを済ませ出されたコーヒーを飲みながら待ちました。結局35分で火葬が終わりました。2kgのチワワだったので早かったみたいです。火葬場に行くと綺麗に骨だけになったコロがいました。その時は、なぜか悲しい感じは、しませんでした。焼け残った骨がどの部分か説明を受けた後、骨壷に骨を拾っていれました。1300円で犬の犬歯と爪をお守り代わりに小さなキーホルダーのようなものに入れてもらえたのでお願いしました。これでコロと完全にお別れです。でも昨日よりは、少しだけ晴れやかな気持ちになりました。帰りに写真立てを買って家に帰ってもコロの写真を整理してA4の写真立てに6枚程入れてその前に骨壷をおきました。整理した写真をいくつかアップしておきます。亡くなる直前と亡くなった後の写真もありましたが見てると辛くなったので元気な時だけの写真にしました。コロちゃんありがとう!本当に大好きでした。

 

Comments are closed.